ウーマン

業者は目的と信頼で選ぼう

男性作業員

リフォームを依頼する際、会社選びは最も重要です。安いからという理由で決めてしまうと、自分のイメージと違う仕上がりになったり、追加料金は発生したりしてトラブルにつながってしまうかもしれません。

もっと詳しく

リフォーム時の注意点

洗面台

毎日顔を洗ったり歯磨きをしたり髪をセットする時に使う洗面台ですが、自分の家の洗面台が使いにくいなと感じたことがあるでしょうか。あまり馴染みがないかもしれませんが、洗面台も使いやすいようにリフォームすることができるのです。洗面台のリフォームをする際には、いくつかポイントを押さえておく必要があります。まずは、照明の明るさと鏡です。洗面台では女性はメイクをしたり、男性はひげを剃ったりするでしょう。その時に照明が暗いと、メイクや髭剃りがやりにくくなります。照明は天井の照明と上手く組み合わせることで使いやすくなります。鏡は大きすぎると収納スペースが少なくなってしまうので気を付けましょう。洗面台は意外と物が多くなりがちです。歯ブラシやドライヤー、髭剃り用のカミソリなどがそこらへんに置きっぱなしにならないように上手く収納できるようにしましょう。また、洗面台の高さも重要です。75cm~85cmくらいのものが多いですが家族で使う場合は家族の身長がバラバラなので、家族の身長の平均くらいの高さにしなければなりません。ただし、子供が小さいからといって低めにしてはいけません。子供は成長し身長は伸びていきます。最初のうちは踏み台を使うなどして調整するようにしましょう。そして、湿気に弱い内装は避けることも大切です。洗面台はお風呂場の近くにある場合がほとんどですし、手を洗ったり歯磨きをしたりして水しぶきが飛び散るため、湿気対策は重要です。湿気対策が完璧でないと、カビが発生してしまうかもしれません。洗面台のリフォームをするのであれば、以上のことに気を付けておくと良いでしょう。

電気料金を比較してみよう

水道

電力自由化に伴い、電力会社の乗り換えを検討している人は多いのではないでしょうか。電力会社を乗り換える際は、複数の電力会社の電気料金を比較してみて、今より安くなるところを選んでみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく

水漏れの原因と対策

修理

トイレやキッチンなどの水回りは水漏れが起きやすい場所です。水漏れは自分で対処するよりも、プロの業者に依頼したほうが確実に直すことができます。いきなり依頼するのが嫌なら、一度問い合わせて相談してみると良いでしょう。

もっと詳しく